Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジするのはうち

<<   作成日時 : 2008/11/18 02:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

早稲田スポーツによるフェニックスVS.早稲田の特集を読みました。
たしかに昨年はフェニックスが甲子園に行きましたが、
前回対戦の2006年にはフェニックスが敗れています。
今の4年生が当時2年生。
選手たちは早稲田には負けた記憶しかないんです。
今年は早稲田にリベンジだ!

特集の中で両チームの戦力の分析がなされています。
早稲田O#
ここまではランが多い。末吉、藤堂のランはもちろん、QB芳賀もランが得意だ。
OLの出来がカギ。
フェニックスO#
パスとランの比率が同じで、しかもたくさんの選手を使いプレーを隠している。
攻撃権の喪失が多い。
平本のランにも警戒が必要で、大型のOLが脅威。
早稲田D#
昨季のレギュラーが多く残り、ディフェンスのチームと言われるほど強力。
ここまでのデータでもフェニックスを上回ってブロック1位。
特に攻撃権の奪取が16もあり、勝利に大きく貢献。
しかし、ベストメンバーのフェニックスは未知の領域。
フェニックスD#
ここまでは、ランには強くてパスに弱い。
しかし、小宮・長島・矢野が同時にプレーする本来の形を見せていない。
それでも早稲田が付け入る隙があるのはパスだ。


勝手にまとめさせていただいたが、僕もそう思う。
(原文を是非お読みください)
ここまでお互いに隠しながらやってきたということが根底にあるが、
攻撃権奪取 日大9-16早稲田
攻撃権喪失 日大8-1早稲田
というデータは気になる。
フェニックスはターンノーバーに頼らなくても圧勝してきたと見ることもできるが、
やはり大切な試合では、得点・失点に直結し、さらに流れを引き寄せる要素になる。

序盤の早稲田の攻撃の狙いはパスであると予想する。
ただし、回数として多くなるということではなく、
末吉のランを中心に、芳賀らのランを混ぜる。時間を使いつつ3rd downなど大切なところではパス。
最初からランが出るなら儲けもん、一番計算できるプレーはパスと考えている気がする。
ディフェンスを広げてから、後半に末吉のランで勝負してくる。
対するフェニックスのディフェンスは、やはり末吉らのランを止めたい。
これを出されると、全てに悪影響が及ぶ。
独走されるのは絶対に避けなければならない。
末吉はスピードとパワーを兼ね備えており、一気に持って行かれる。
ここまで絶対の自信があったであろうランプレーを潰して、リズムを崩したい。
ディフェンスなのだから11人全員の活躍が必要だが、
敢えて言うならCBの活躍に期待する。
レシーバーのチェックはもちろん、早稲田は左右に多彩なランプレーを仕掛けてくるはずだ。

勝手な予測をしましたが、これがフットボールの楽しみ方。
みなさんはどう思いますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
物凄い分析に感服しました。攻撃権の喪失と奪取のところは気になりますね。早稲田はなにか飛び道具的な仕掛けもありそうですが、我々フェニックスは、普段どうりの力を発揮して勝ちを掴みましょう!
それと、春に活躍した中村クラーク君って秋に出てますか?情報不足ですみません。
ドラゴン
2008/11/18 12:35
確かにクラーク君がここ数試合出ていませんね。慶応戦ではサイドラインにはいた気がします。たしか。
拓哉
2008/11/18 22:23
クラーク君は試合前練習には元気に参加していました。早稲田戦に向けて温存していたかもしれませんね。
不死鳥魂
2008/11/18 23:02
連投ですみません。
早稲田にとっては11.23は特別な日です。「打倒日大」ではなく「圧倒日大」という意気込みです。もちろん我がフェニックスもここで終わるわけにはいきません。最後は勝ちたい気持ちが強いほうが勝つと思っています。
2年前のリベンジを絶対にしましょう。
不死鳥魂
2008/11/18 23:22
遅いコメントで申し訳ありません。

1試合平均のスタッツを昨年と比較しますと、フェニックスは、獲得yds:約70ydsオーバー、喪失yds:約50ydsショート、対する早大は、獲得yds:約60ydsショート、喪失yds:約75ydsショートとなっております。得失点は、ほぼ、同等でありますが、パフォーマンスでは、上回っていると考えます。あとは、前節、前々節のようなファンブルをしなければ、必ず勝利できるモノと思います。今年の早大は、一昨年同様に反則が多いので、乗じられる場面も多いと思います。(ここのところ、フェニックスに対して、厳しく反則を取る傾向がありますので、こちらも充分な注意が必要ですが)早大は、「11/23」のゲームでは、『5連敗中』ですので、必死に向かってくると思いますが、一昨年にペースを崩された時の借りをきっちり返し、クラッシュボウルへの進出を手にしましょう。
P911
2008/11/19 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジするのはうち Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる