Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲劇の予感

<<   作成日時 : 2010/08/17 01:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この前ご紹介した2010年度・公式規則変更内容・決定報ですが、ここに来年のルール変更予定が載っています。
今年の変更よりも、こちらが気になります。

ライブボール中のスポーツマンらしからぬ行為に対する罰則施行の変更
☆現在、ライブボール中のスポーツマンらしからぬ行為の反則は、デッドボール中の反則として扱い、サクシーディング・スポットから15ヤードの罰則である。
★2011年度より、ライブボール中のスポーツマンらしからぬ行為の反則のについては、他のライブボール中の反則と同様に取り扱われる。この変更により、ライブボール中にスポーツマンらしからぬ行為の反則があり、かつそのプレーが得点となった場合、罰則を受諾すればライブボール中の反則に対する罰則が適用され、その得点は無効となる。

最も考えられるのは、独走タッチダウンとなる際に相手を侮辱するポーズをする反則。
俊足を飛ばしてエンドゾーンへ独走。ディフェンスは追いかけるのを諦めてスピードを落とす。そこで、独走する選手はラグビーのようにエンドゾーンへダイブ!!
反則です。
今年まではTDは認められて、次のプレーで15ヤードの罰則。しかし、来年からは、ライブボール中の反則と扱われるので、ダイブした地点から罰則の施行になります。当然TDは取り消し。つまり、TDが成立する前のゴールライン手前から15ヤードの罰退。

タイムアップと同時の逆転タッチダウン!!ってシーンでこれをやらかしたら泣いて済む話じゃないなあ。
こんな悲劇なら、ネタが大好きな日本のスポーツニュースも、珍しくフットボールを取り上げるか。

最後にスポーツマンらしからぬ行為の反則ってどんなものがあるのか。2005年4月8日に当「Forza!日本大学フェニックス」に書いていたので再び掲載します。
☆ 喉を切るまね
☆ 鉄砲を撃つまね
☆ 腰を曲げてお辞儀をする
☆ 自分の胸を過度にたたく
☆ 自分の胸の前で両腕をクロスする
☆ 観客の声が聞こえないかのように自分の耳に手を持っていく
☆ 相手に追われていないのにエンドゾーンに飛び込む
☆ 不自然な歩調でエンドゾーンに入る
☆ エンドラインを遥かに超えて観客のところへ行く
☆ 倒れているプレーヤーの上方に嘲笑的な態度で立ちはだかる
☆ コマをまわすようにボールをスピンさせる
☆ 味方と振り付けをした演技を行う
☆ 審判の判定に抗議する為に、コーチや交代選手がフィールド・オブ・プレーに入る


フェニックスにはやらかさないように願うのみ。
相手に独走された場合、これまで皆さんは「転けろ」と念を送るだけだったでしょうけど、来年からはこれに、不自然な動きを監視する役割が加わる訳です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲劇の予感 Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる