Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS 日体大戦まであと1日!

<<   作成日時 : 2010/09/24 17:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

明日は日体大との試合です。
天気は試合時間くらいには晴に変わる予報。
涼しくて晴れているという最高のフットボール日和になるとよいのですが。


これまで、かなりの枚数にのぼるフットボール写真を撮ってきました。
オフェンスのパスプレーの写真を撮るときに押さえたいのが、QBが投げる瞬間と、レシーバーがキャッチする瞬間。
スタンドから望遠ズームレンズで狙うのですが、これを両方撮るというのは難しいものです。QBの写真は簡単ですが、散弾銃のように散らばったレシーバーからレシーブする選手を特定するのは困難です。
ところが、最近、特に今年のフェニックスでは比較的容易にレシーバーの写真が撮れます。僕の技術が上がったのならばよいですが、基本的にQBがスナップを受け取ってから向き続ける視線の先にターゲットがいます。つまり、誰に投げるかが予測しやすいのです。

今年のリーグ戦は動画も撮影しています。例えばこの動画
僕にしては、投じられた球の軌道までフレームに納めることに成功しています。その先に待っていたのは、2人にカバーされているレシーバー。インターセプトされても不思議ではありません。このとき、QBは常に一点を見続けている感じがします。視線で周囲を確認しているのかもしれませんが、頭が向いている方向にパスが飛んでいます。

そしてこちらのプレー動画
QBがレシーバーを探しているあいだにサックされるシーンです。これも「探している」というより「待っている」ように見えます。1stターゲットが無理だから次を見るのではなく、その方向を見続けています。

ショットガンのメリットである散弾のようなレシーバーが生きていない気がします。アスリート集団のレシーバー陣がスナップの瞬間、フィールドに散らばる。そのうちのひとつでもフリーにすれば、見逃さずにパスが飛んでくる。そんなショットガンがみたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日体大戦まであと1日! Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる