Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS 最悪の前半

<<   作成日時 : 2010/09/07 02:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

前半のフェニックスteamA はミスの総合商社。信じられないほどミスが多く、酷いプレーの連続だった。
専修のキックオフで始まった前半。フェニックスはいきなり大きなミスからスタート。
リターナーがファンブル、ボールを自陣で失う。
このピンチは専修のフィールドゴール失敗で救われる。
オフェンスはまずまずの立ち上がり。ゴール前まで1ヤードに迫り、RB#21中西のランで先制する。
しかし!!!
戦前からの注目点であり課題であったキックカバーに大問題が生じる。
直後のキックオフで、専修のリターナー#2水田に91ヤードリターンTDを奪われる。
画像

フェニックスは、再びゴール前まで攻め込み、WR#25藤巻へのパスで14-7とする。
前半で良いプレーが見られたのはここまで。この後は振り返るのも嫌な展開になる。
QB#10藤本が2度のファンブルロスト。
ディフェンスは良く耐えていたが、さすがにTDを許して14-14の同点とされる。
さすがにファンブル連発には我慢できず、QBを#13安藤にスイッチ。昨年の安藤は素晴らしいプレーを見せてくれたが、この日の内容は悪かった。パスも安定せず、6回投げて成功は3本。最後にはインターセプトを喫し、この日の出番は終了した。

前半の何が悪かったか。全てターンノーバーだ。ファンブルロスト3、インターセプト1で合計4回もボールを失っては話にならない。これで同点で済んだのはディフェンスの踏ん張りを褒めるべきだろう。


画像



次回は後半、フェニックスteamB(メンバーはAと同一)の活躍を書きます。こっちはスカッと。




「ヨーロッパのことわざに『最初の子猫は捨ててしまう』というのがある。
初めのことは当てにならないということだ。
逆に、「その日1日はその日の朝のようになる」ということわざがあるが、日本ではちょっと違っているようだ。
朝は晴れていても夜に雨が降るしね(笑)」
2003年、ガンバ大阪戦後の監督会見にて Ivica OSIM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最悪の前半 Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる