Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS フェニックス51-3専修

<<   作成日時 : 2011/10/10 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

51-3。完封は逃したものの専修オフェンスを84ヤードに抑え、651ヤードを獲得しての圧勝。
に見えるが、前半残り3分で3-3に追いつかれ、QB安藤がキープを連発するなりふり構わぬオフェンスで前半終了間際にようやく初タッチダウンを挙げて、前半は10-3というロースコアの僅差で終えるという苦しい試合だった。

関東学院戦では面白いようにスクリメージを突破し、何度もビッグゲインを繰り返したランプレーが出ない。さらに、パスもレシーバーがフリーになりきらない、通っても専修の素早いタックルでランアフターキャッチができない。
FGでの3点しか挙げられず苦しんでいると、2Q、パスを狙ったQB安藤が自陣でタックルを受けてファンブル。攻撃権を失う。ディフェンスは良く耐えたが42ヤードのFGを決められて同点とされた。

後半になってようやく勢いを取り戻したフェニックスは、後半だけで6本のタッチダウンを挙げる。
圧巻は試合終了前の1分間。残り57秒で#21原田のランでタッチダウン。その後の専修の攻撃をすぐに止めて時間を残す。ここで、安藤から#11成田へのミドルパス。ランアフターキャッチでタッチダウンを目指し、最後はディフェンスを引きずりもつれるようにしてエンドゾーンへ。勝利は決まっていたが、気迫溢れるプレーでチームとスタンドを沸かせてくれた。
剛毅果断。困難に屈することなく、1月3日まで勝利への強い意志を見せてほしい。

いろいろあって目立ったのはオフェンスだが、専修戦の主役・立役者は間違いなくディフェンスだ。
3失点はオフェンスのファンブルロストが原因で、「自責点」はゼロ。専修のオフェンスを44回84ヤード(平均1.9ヤード)と全く危なげない。3rd Down Conv.も2/13(15%)に抑えるというほぼ完璧な数字だ。

来週は昨年ブロック3位の明治との対戦。4節まで、フェニックス、早稲田と同じ相手(日体大、東海、関東学院、専修)と対戦し、14失点。フェニックスほどの爆発的得点を取っているわけではないが、しっかり守り、勝っている。喪失ヤードは早稲田、フェニックスに次ぐブロック3位。失点はフェニックスを上回り2位。
守備が堅い明治を打ち破って、リーグ終盤への勢いをつけてほしい。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年の秋季リーグ第1節も専修大に前半苦戦、
後半挽回というパターンだったのを覚えています。相性がわるいのかなぁ。
kent
2011/10/10 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
フェニックス51-3専修 Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる