Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS 17点ノルマの影響はあった。ワセダは強い

<<   作成日時 : 2011/11/20 02:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

早稲田は強かった。14-10という僅差での決着。
17点差が必要な早稲田としては10点リードでの前半終了はプラン以上だっただろう。
早稲田の前半は大量点を狙うプレー選択ではなかった。ランプレーを中心に、特に時間を節約したようには見えない。2Qの終盤になってようやくパスを増やしてタッチダウン。しかも、フェニックスのリターナーのファンブルによって、フィールドゴールも追加しての10点差。

しかし、後半はフェニックスのゲームになった。

でも、これが得失点差の条件のない試合だったら、どうだったか。
3Q、7点を返した時点でフェニックスは事実上のリードを奪う状態となった。これが精神的に大きな余裕を生んで、明らかにゲームの主導権を掴んだ。
さらに、この7点によって、優勝するためには14点が必要になった早稲田に動揺がみられるようになった。ミスが多くなった。

得失点差ノルマの影響が特に大きかったのは、早稲田がパントを落球したシーン。早稲田のリターナーはフェニックスの選手が目前に迫っている中で果敢にキャッチに行った。これが、通常の3点リードのシチュエーションだったらキャッチに行っただろうか。リターンを放棄してボールを転がしておいたはずだ。しかし、14点が必要な早稲田はリスクをおかしてでも、時間の節約と少しでも前からの攻撃がしたかったのだろう。


条件の影響があったにせよ、昨年の関東チャンピオンを破ったフェニックス。
来週は、法政とのリベンジマッチ。
強い早稲田を打ち破った自身を持って臨んでほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
17点ノルマの影響はあった。ワセダは強い Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる