Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS 早稲田戦 2Qは最後にやられて0-10

<<   作成日時 : 2011/11/18 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2Qになって試合は動いた。
最初にチャンスを掴んだのはフェニックスだった。
パントで相手ゴールライン前まで押し込むなど、良いフィールドポジションで試合を進め、フィールドゴールのチャンスを得る。しかし、これを外してしまい先制の機会を逸する。
そして、早稲田がスイッチを切り替えてから、フェニックスのピンチが始まる。早稲田はこれまでのラン中心のオフェンスから、ミドルパスを多投する攻撃に変えてくる。この対応がすぐにできずに、連続でパスを通されゴール前まで進まれる。ここで、エースの末吉のTDを食らい0-7。
さらに、直後のキックオフ。長いキックを蹴らずに、2列目を狙ったキック。キャッチした#17モトゥがリターンをするが、ボールを持っての走りに慣れていないのか、ボールセキュリティーが甘すぎる走り方。案の定ファンブルフォースを食らい、50ヤード付近でボールを失う。
ここから、早稲田に全身を許し、前半終了と同時にフィールドゴールを浴びて、0-10。17点つけたい早稲田としては最高の前半終了、フェニックスとしては、早くも得失点差ボーダーを突破させる苦しい前半終了となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早稲田戦 2Qは最後にやられて0-10 Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる