Forza!日本大学フェニックス

アクセスカウンタ

zoom RSS VS.立教大 51-7

<<   作成日時 : 2012/10/07 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

立教大に先制のタッチダウンを食らい、今シーズン初めてリードされる時間をつくったフェニックス。
51-7と最終的には大差になったが、内容はピリッとしないひどいものだった。

先制されたシーンはキッチリとドライブされて、最後にはランで押し込まれた。
試合を通じて、パスに対する守備は甘く、長いパスも数回通された。

スターターQBは1年生の矢田。不用意なパスはあったが、走力もあって楽しみな選手だ。
矢田の軽い負傷をきっかけに今季初出場したのが#10の安藤。
しかし、パスのコントロール、レシーバーとのタイミングなどいろいろ不安要素がでてきた。
それでも、さすが安藤と思わせるシーンが、81ヤードを走ってのタッチダウンラン。左サイドをあれよあれよと言ううちに突破してエンドゾーンまで持ち込んだ。まさに「ちぎる」という表現が当てはまるサイドラインいっぱいにつかってのランプレー。
今後、どのような起用がされるか注目だが、安藤の大活躍なくしては、甲子園はもちろん、ブロック優勝も見えてこない。

画像
主将QB安藤が今シーズン初出場

画像
試合前のハドル

画像
試合前恒例のシーン

画像
タイミングが合わないシーンが目立った

画像
このパスは素晴らしかった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
VS.立教大 51-7 Forza!日本大学フェニックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる